banner

知っておきたい家族葬あれこれ

私達の人生の中で、悲しいかな避けて通ることができないのが、家族を見送るお葬式です。天寿を全うされ、その日が近づいている現実をある程度覚悟できるケースもあれば、突発的な事故や急病が原因で、その日が突然訪れてしまうなど、その状況はさまざまです。しかし私達は四六時中、常にお葬式を意識して生活している訳ではありません。ですから万一に備え、どのようなお葬式の形態が存在するのか、故人の希望や家族親族の意向、さらには費用面などの現実問題などを、より早い段階で確かめた上で、家族間でこうした情報と意識を共有しておく姿勢が大切です。

お葬式の喪主や遺族側の経験をお持ちの方々の多くが、声を揃えて故人が亡くなってからのドタバタを振り返り、その大変さを言葉にされています。一般的に故人が逝去した翌日には通夜、続いて葬儀という流れとなり、準備は時間との闘いとなるのが現実です。こうした状況下、残された家族間でどのようなお葬式をとり行うのか、きちんとした意思統一が為されていなければ、全てが後手後手に回ってしまい、混乱がより大きくなってしまいます。最低限おおまかなビジョンを見据え、必要な関連知識を共有すると同時進行で、喪服など必要なアイテムの準備が欠かせません。

そして何より見過ごせないのが、お葬式のスタイルの選択です。故人の知人友人やご近所の方々、そして仕事関係の方々の参列を希望すれば、自ずと準備すべき会場の規模も大きくなり、費用面の負担も膨らみます。対して家族とごく身近な親族だけで全てをとり行う、家族葬という選択肢が、核家族化が進む私達のライフスタイルと、それに伴う価値観の変化にマッチするお葬式の形式として、昨今注目されている事実も見過ごせません。ニーズが高まる家族葬に対応すべく、専用の小規模な常設会場を備える葬儀業者も増加傾向を見せるなど、それまでの一般葬儀から家族葬へと、一般家庭がとり行うお葬式の形態が移行を見せているとも捉えられます。

しかし家族葬にはメリットだけでなく、家族にとってデメリットとなる可能性も想定され、それは全ての家族葬に共通するとは限りません。故人、遺族、親族、仕事関係の方々、それぞれの立場と状況や価値観などによって異なり、一括りで明言できるものではありません。まずは家族葬という選択肢が存在すること、メリットとデメリット双方が想定されることなど、基礎的な知識を家族内で正しく共有しておかれることをお薦めします。

お知らせ

[2019年07月24日] ホームページを更新しました。

Copyright©2019【知っておきたい家族葬あれこれ】 All Rights reserved.