banner

家族葬とはどんなお葬式?

近年故人の家族、そして極めて親しかった限られた人だけで故人を見送る、家族葬を選択される方々が増加傾向にあります。一昔前とは違い、ご近所づきあいの形態や人と人との距離感も変化を見せ、また仕事関連でもプライベートタイムとの一線がより明確となる傾向の中、これは自然な流れと推察されます。

家族葬は参列者全て気心の知れた内輪の人達ですので、通夜の弔問者や葬儀の参列者に対し、ひたすら頭を下げてご足労のお礼と挨拶を続ける必要はなく、遺族としての心身の負担を抑えることができます。故人のお葬式の準備でドタバタの中、既に心身疲弊した状況下での通夜から葬儀への流れは、とりわけ高齢の遺族にとって、心身辛過ぎる時間となり兼ねません。こうした観点から見れば、家族葬は遺族にやさしいお葬式と言えるでしょう。

そして家族葬のメリットとして多くの方々があげられるポイントとして、費用負担の軽減が見過ごせません。一般葬儀と比較して小規模なお葬式ですので、会場費用や飾りつけなどの施設面に要する費用だけでなく、参列者への諸対応に必要な費用も大きく軽減されます。多額の費用をお葬式に投じられない、できる限り費用面を抑えたいご事情をお持ちの家族にとって、意向にマッチする葬儀形態です。ちなみに費用面の軽減効果はあくまで規模の縮小に起因しており、家族葬だからと通夜から葬儀への一連の流れの中、無用に簡略化されてしまう場面が生じる訳ではありません。今日ニーズの高まりに応えるべく、家族葬専用の規模の葬儀会場を常設する葬儀業者も増加しており、利用者のサポートに力を注いでいます。

またいわゆる密葬と混同されがちですが、密葬と家族葬は異なる葬儀形態です。ちなみに密葬は家族親族の限られた方々だけで先に葬儀を済ませ、その後知人や仕事関係者が参列する本葬が、日を改めて行われるお葬式です。言葉の響きのイメージから同じと解釈される向きが見られますが、関連知識としてこの機会に確認しておきたい、お葬式関連の豆知識です。

Copyright©2019【知っておきたい家族葬あれこれ】 All Rights reserved.