banner

家族葬を視野に準備しておくべきこと

後悔やトラブルに困惑しない、安心できる家族葬をとり行うに際しては、事前に準備確認すべきポイントを、ひとつずつ確実にクリアしておくことが大切です。まずは故人の希望を含め、家族全員それぞれの意向をしっかりと話し合い、家族としての意志を統一しておきましょう。故人と非常に親しかった親族に、家族葬への参列をご辞退願わねばならない場合には、失礼のないように理解いただけるよう、十分にコミュニケーションを図る必要があります。一方でこれまでの何らかの経緯から、極めて近い存在でも参列をお断りしたい相手に際しても、相手の感情を無用に刺激しない伝達方法をしっかりと考え、後々の人間関係やトラブルの中、長期化のリスクを回避しましょう。

またその時が訪れた際に、速やかに連絡できる葬儀業者を見つけておく準備も必要です。事故や急病での急逝で、葬儀業者が見当たらない状況の場合、病院が紹介してくれるケースもありますが、必ずしも家族葬にマッチした業者とは限りません。結果、個人や家族の意向とは異なる、規模が大き過ぎる一般葬儀となってしまっては、後悔と費用面の負担が膨らむデメリットが避けられません。できるだけ、故人もしくは家族の自宅に近く、家族葬で確かな評判と実績が確認できる業者を候補先にあげ、絞り込んで行く作業を通じて最終選択されることをおすすめします。

こうして最終選択した葬儀業者の担当者と、家族が希望する家族葬のビジョンを伝える、疑問点や不安点を確認してクリアにしておくコミュニケーションも大切です。どれだけ気丈に振る舞おうとしても、いざ大切な家族が逝去となれば、精神的な動揺は避けられず、思い描いていた通りの対応ができなくとも不思議ではありません。いざという時になって、家族側の意向が上手に伝えられない可能性を想定し、事前に伝達できる希望に関しては、より早い段階で伝えておくことが賢明です。家族葬のメリットを最大限活かし、つつがなくお葬式を終えるためには、家族間、そして参列をお知らせする、あるいは遠慮いただく方々、そして葬儀業者との十分な意思疎通が必要不可欠です。

Copyright©2019【知っておきたい家族葬あれこれ】 All Rights reserved.