banner

家族葬を執り行う際の注意点

私達が抱く家族葬のイメージは、あくまで家族だけでとり行う葬儀、もしくは極めて親しい人だけを含めた葬儀と思われがちです。家族葬そのものに対する明確な定義は見当たらず、たとえば別世帯で遠く離れて暮らす、嫁いで別姓となった故人の兄弟は家族なのかと問われれば、各々見解が異なることでしょう。また故人と親しかった、あるいは家族と親しい人がどこまでなのかに関しても、故人の逝去後になってから、早急に的確な判断が下せるとは限りません。一般葬儀と比較して規模を抑えた家族葬に際しては、事前に家族間で十分に話し合い、確認すべき情報に関しては共有しておく準備が大切となってきます。

また通夜から葬儀の流れの中、香典あるいは供花を受け取るのか、あるいは辞退するのかに関しても、家族間での意向の統一が欠かせません。この部分は見落としがちなポイントですので、参列者への対応がバラバラとなってしまい、後々のトラブルにつながる可能性も考えられます。

そして家族葬で重要なポイントとして、親戚やご近所の理解が見過ごせません。故人の逝去にも関わらず、通夜や葬儀に参列できないという現実に対し、不満を覚えられる方々が生じないとも限りません。故人の逝去後、遺族としての意向をきちんと伝え、理解いただく事前の対応すなわち根回しが重要です。また参列辞退のお願いに対しては、口頭でのお断りとなると、相手の心象を害してしまう可能性が否めません。その旨の文章での通知を用い、香典や弔電、供花の辞退に関しても同一文中に記載しておきましょう。

一般葬儀とは違い、ご近所や参列の辞退を希望された親族からすれば、冷たい、水くさい、非礼だ、的な印象を抱いてしまう可能性が家族葬には潜んでいます。こうした悪意なき誤解から、式後の人間関係が悪化するようなトラブルを回避する上でも、自分達だけで判断がつかない不安点に関しては、信頼できる葬儀業者の担当者に随時相談確認の上、ひとつひとつ迅速丁寧な対応で臨まれることをおすすめします。

Copyright©2019【知っておきたい家族葬あれこれ】 All Rights reserved.